Posted in 未分類

みんなで映画を楽しんだ福島のママ活

【貝、ウニ、イセエビなどを捕まえないでください】法律。
2回
岩場での楽しみ………

https://www.nikukai.jp/fukushima-mamakatsu/

2021年夏の公演前……今年のビーチに向けて~
忍耐の叫びはあちこちで高まっています。

尾野真千子は、20日神奈川県で上映された映画「あかね焼き焼き」の上映で泣き叫んだ。福島のママ活

「手を取り合って見に来てほしい。みんなが一生懸命頑張った作品です。そんな状況では、困難な世界では仕事ができないのではないかと思います。でも今はこういう仕事をみんなに言わなきゃいけない…みんな命をかけてやったんだ。ごめんなさい。泣いてる」

22日、吉永小百合は で開催された映画「いのちの停車」のステージ挨拶で心を痛めた。福島のママ活

「( )劇場は大丈夫ですが、映画が上手くいかなかったと聞いて、とてもショックを受けて悲しくなりました。

映画業界は、トップ女優の吉永の涙を見てすぐに動いた。日本映画製作者連盟は24日、声明を発表した。映画館にクラスターがなく、感染症対策を万全に行うことを前提に、6月1日より営業再開を表明しました。
福島のママ活
これは「社長の共同名に沿って日本の4大映画が出した珍しい声明」(関係者)と言われています。演劇は良いですが、映画は良くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です