Posted in 和歌山

和歌山のセフレはあまり有名ではありません

私は平日に支払いを受けるべきかどうか疑問に思います、私はその調整が嫌いです、そしてどのように!
久しぶりに「和歌山のセフレに汗をかく」職場での攻防が見られます。

言うまでもなく、最新の展覧会は「360°」です。

もちろん、和歌山のセフレには「悪の笑い」も見られます。
https://www.nikukai.jp/wakayama-sefure/

これを見逃すと、一生見ることができなくなります(アヒル)。

建てられたと言われるこの観音様は、当時の奈良の都での「疫病の癒し」でした。

また、1868年の神仏分離令による仏陀の廃止を免れるために、大神神社の神宮寺「大神神社」から聖林寺に移され、慎重に隠されました。
隠されたホールの後ろにミイラのように横たわっていたこの11面の観音像は、明治20年の哲学者アーネストフェノロサによって再び見られます。

その時走っていた青年は、岡倉天心鹿野でした。

これが「国宝」制度の創設につながったと言われています。

もちろん、最初の国宝はこの観音です。
このプロセスは、その筋でよく知られています。

一般的に、和歌山のセフレはあまり有名ではありませんが、これで広く知られるようになります。

タブミネのふもとにある小さくて静かな寺院です。

あなたが永遠にじっと立っていることを望んでいるのは長年のファン心理学ですか?

しかし、和歌山のセフレが本当に行くかどうか…私はまだ心配しています。

会うかどうか…

本当に重要なこと
多分それはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です