Posted in 未分類

同じことについて話している福島

福島は相談で呼ばれて、一緒に飲んでいました。
現時点では、それは彼の作品と彼の物語でした。

どういうわけか、あなたはその時と同じことについて話していませんか? ?
酔うのが大変でした。

「私に福島したら興奮する?」
わくわくしました

「福島」
かわいらしいかすかな顔

結局、止まらない。 ..

でも今回は電話中なので飲みません。
邪魔してはいけません。

しかし、彼女はとんでもないです!

「彼と別れてあなたの側に行ったら私は幸せでしょうか?」
真剣ですか?

しばらく沈黙。

じゃあ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です