Posted in 未分類

福島の女性は私に頭を下げた

「さて、福島はここにいたのだろうか」と女性は私に頭を下げた。
彼女は働くことができる福島の女性だと思った。
主人はそれをカップで適切に量り、軽く操縦されたガラスを「お願い」と置きました。
女性は言った、「あなたがいます」。
「本当に爽やかで、香りが素晴らしく、おいしいです」と初めて微笑みました。

福島県産の食品を3割の人が口にしたくないと言っています。

「私の隣でいいですか?」私はお尻をずらして隣に立っていました。
「彼らが何について話していたのだろうか、聞きたい。」
「愛のない酒の話だ」と答えた主人は去りました。

「私の周りには、仕事に興奮する男性しかいない。」
「福島についての話は何ですか?教えてください。」
私は間違いなくスコッチよりもバーボンです。
以前はまっすぐでしたが、年をとったり、揺れたりすることについて話していたとき
マスターはジャズの歌を演奏し始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です