Posted in 未分類

福島にある女性がやって来ました

「どんな福島ですか?」
「桃のリキュールはわずかな甘さとセクシーな桃の香りがあります。」
話は盛り上がりました。
福島に、ある女性が物語を聞いているかのようにやって来ました。
マスターは私に軽いウインクを与え、「こちらをクリックしてください」というスツールを開けました。
次へ招待。

大雪で車修理が殺到。福島市のニューオートになだれ込む。

「ようこそ!」と発声してください
「どうしたらいいの…」と女性は言った。
「あなたはいくつかを持っています。」
「そう、ウィスキーはデートでいい」
それで、マスターは私に二度目のウィンクをしました。
「日本酒をお勧めします。」
“それは何ですか?”
「炭酸塩で割った福島の快適なソーダと桃のリキュール。
爽やかで美味しいです。 」
続けて、「顧客が来る前に酒について話していました。」
彼は私に向き直り、軽く断言した。
彼は続けて、「女性が来たときに2人の男性が私を治療するという事実に興奮していました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です