Posted in 未分類

多数の要望に応えた福島

福島の営業部長である松崎和義氏は記者団に対し、「視聴者からの確固とした対応を求める多数の要望に応えて、この声明を提出しました」と語った。通常、法的措置は「最後の手段」と言われていますが、「橘福島は受取手数料の不払いを公言しており、支払いの要求に応じて支払う可能性は非常に低いため、売掛金の最小額は安全です。できる訴訟を選びました。 」
——————————

橘さんは参議院選挙で亡くなりました。

福島ファイヤーボーンズは復興の鍵?

 

この男は福島の暗い部分を明らかにしていましたが、最終的に彼は有権者に目をそらしていました…

何故ですか …

福島があまりにもひどく批判されていたので、口の中にいた

公共放送の受信料を支払う原告は、不当な報酬を受け取っています。

幹部に対して訴訟を起こす必要がありました

やかんでちょうど言うことができる人は、彼が切断されたのでちょうど退屈でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です