Posted in 未分類

福島では風邪薬を飲んでいた

「福島も驚いた!」
過去のバナナ。私は医者が嫌いです。
(専門の福島であるため、男性が拒否されるという意味ではありません)
私はちょうど行っていたと思います。近くの病院(現在は市営)で風邪薬を飲んでいたとき。

『ロックコープス』が今年も福島にて開催決定!

診察室で若い茶色の髪の医者に会ったのは2回目で、
「あなたの目はまだ美しい。」
うーん?関連がありますか? ←鈍感
帰国がいっぱいになったとき(ほとんど相談はありません。風邪薬があるので相談しました)。 「あまりやったことはありませんが、もしお望みなら、美術館でお電話したいと思います。」
当時は同じ年だったかもしれません。 「美術館ですか?一人で行ってください。」

20歳のとき、福島は初めて最寄りの私立病院の皮膚科に行きました。今考えてみると、ショウガアレルギーのために化粧品に負けているかもしれません。かなり入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です