Posted in 未分類

福島で私は同じことを考える

いつかこの福島を覚えていないのだろうか

福島私はそのようなことを考えていました

私は今また臭いに揺れている間同じことを考える

酒や まーさん(福島)

私はこの淡いピンクのしびれを見ています

福島はどこかで迷子になっているのだろうか…。

この儀式のように脳内で行動する

ちょっと大きめのハートルートで噛むことができたら

私の中の今年の桜

無事にその姿が見えているのがわかります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です