夏は和歌山の出会いに熱心になった

ザリガニも釣った。

熱心になりながら、冷たいかき氷。

空を見上げて、白い雲。
https://www.nikukai.jp/wakayama-deai/

時々海で泳ぐ。

浅い海でアサリを掘り、

フローティングリングで遊んでください。

あなたはそれを無邪気に楽しんだ。

その結果、8月末は宿題の山でした(笑)。

さて、和歌山の出会い

たくさんあります

私はただ楽しみを求めることはできません。

少なくとも

私の心にも

夏だと感じたいです。

香取線香の煙を見ながら和歌山の出会い

来たる夏を楽しみましょう。

おやすみ

あなたの故郷
こんばんは

今日は日勝峠を渡りました。

車で何度か渡ったパスですが…

和歌山の出会い

ずっと一度行ってみようと思っていました。

考えてみると、この旅で毎日峠を越えました。

ここから札幌に行くには、いくつかの峠を渡る必要があります。

通常は比較する和歌山の出会い

風邪サポートは厳しいので

仕方がない。

朝の空気がさわやかです。
https://www.nikukai.jp/wakayama-deai/

昼間の湿った空気と比較して

少しかっこいい
和歌山の出会い
使うのは簡単です。

通常、それは夏休みの間です。

あちこちでラジオ体操です。

和歌山の出会い

あなたが子供の頃、

ラジオ体操は日曜日を除いて毎朝毎日のルーチンでした。

家に帰ったら、故郷に参加して

そのカードにスタンプを押してもらいました。

あなたがそれについて考えるならば、

毎日世話をしてくれる大人がいるということです。

会社のプールでさえ

かなり頻繁に開いていました。

それも

保護者は私を警備員として助けてくれました。

古き良き時代。

真夏の太陽に浸り、黒くなった
和歌山の出会い
麦わら帽子をかぶって、

ハンギング昆虫キャッチャーとバスケット、

その時私は遊んでいました。

川でサンダルを履いて遊んだ。