Posted in 和歌山

春の最初には和歌山で出会いがある

(小野小町/古今集)

春の虹そろひの指輪を入れる小指
春の虹
孤独な愛の襟と春の虹和歌山で出会い
はななり春の虹色のスタンド
春の虹のせせらぎの音に沿って歩く
春の虹の目だと思う
リブ付きの薄い色の春の虹和歌山で出会い
春の虹の終わり

季節の言葉は「初虹」「春の虹」の子供時代の言葉と晩春の季節。
それがただの虹なら、それは夏の季節です。
春に初めて虹が立つ虹。和歌山で出会い
72日間の清明の時に「虹が最初に現れる」というサインがあったからです。
太陽の光が弱いときは虹で、かすかに感じます。

春の虹
(ナルトナナ)
武蔵野の森から森への春の虹
(鈴木花奈)
春の虹の髪が乾いている間、
(三橋高海)和歌山で出会い
胸とああをそらす春の虹
(富沢赤黄男)

 

泉の美しい虹
(細見綾子)

和歌山で出会い言葉ではできない行動を取りたいとき。
人が考えるよりも、他の人の心に共鳴する奇跡の瞬間があるように感じます。
私の心に響いたものは消えません。

和歌山で出会いアネモネ
恋する女神に花いちかが開く
アネモネを気にしない訪問者
花いちかはメイクなしの一日
アネモネと無邪気な目の黒い光沢
赤い花
アネモネの暗い紫色の夜に開く
花熱花と黒熱
アネモネや私を見つめることはできますか?和歌山で出会い

Posted in 和歌山

桜の季節になった和歌山の出会い

(安倍Mid女)
かな母乳和歌山の出会い
(松瀬緑)
フラワーガードになる小径かな
花ももりの幹に指先で触れます
花森と月夜和樹の影
山の主な花
それはあなたのための光の海です和歌山の出会い
山飲みを守る桜
桜を守る白い闇
奥に山があり桜森を待つ
桜のような気分
ひとひらと空に捧げる桜森和歌山の出会い

季節の言葉は花森
晩春
子どもの言語は花の達人、花の虹、森森(さくらもり)です。
お寺、庭、山野などの桜を大事にし、交代する人々。ワカから派生した季節​​の言葉。

いちりは花ももりの子孫
(Bas松雄)
花ももりの体は弓矢
(Y謝村)
花園あずりの船と海岸の月

(炭餅)
桜は涼しい
(神尾久美子)
清雪の歌和歌山の出会い
(長谷川Re)
くすぐり太ももを守る桜
(飯島はりこ)
フラワーガードに心を開く
(大東明子)和歌山の出会い
花ももりの山から戻ってくるのは熱い輝きでしょうか?
(雨村敏子)

画像は東山東の「花狩」です。

桜をとても美しく描いているのは画家とフラワーガードだと思います。
春の虹ネクタイ

和歌山の出会いサイフォンの底にある春の虹
*カラフルでリラックスできるものは、世界の中心部の花にあります。